沿革


1953年   
昭和28年
創業者石原濱次が東京都国分寺市にてワッシャー類を製造開始
1957年   
昭和32年
資本金50万円にて法人改組
富士重工業㈱(㈱SUBARU)に、ラビットスクーター部品納入開始
1958年   
昭和33年
富士重工業㈱に、SUBARU360部品納入開始
1970年   
昭和45年
石川島播磨重工業㈱(IHI)に、船舶向けパイプ部品を納入開始
これが現在の主要製品であるパイプ生産の端緒となる
1972年   
昭和47年
東京都武蔵村山市に本社工場を移設
航空機内装品の製造を開始し、新日本航空整備㈱(JAMCO)に、
機内食運搬カートを納品開始
1980年 7月
昭和55年
資本金を 3,000万円 に増資
1986年12月
昭和61年
フランス・ルノー公団プレスミッションが弊社プレス設備見学のため来社
1987年   
昭和62年
富士重工業㈱に、エンジン、トランスミッション用パイプを納入開始
1989年 1月
平成元年
溶接部門にロボット導入
1991年 5月
平成3年
パイプベンダー部門自動化
1993年 6月
平成5年
航空機部門の工場設備拡充
1993年 7月
平成5年
竪型樹脂成型機導入
1995年 4月
平成7年
生産管理システム導入
1996年 1月
平成8年
小型プレスグループにユニペーサ自動搬送ライン導入
2000年 1月
平成12年
3次元CAD「CATIA」導入
2002年 3月
平成14年
振動試験機導入
2002年 4月
平成14年
ISO9001認証取得
2003年 8月
平成15年
ISO14001認証取得
2004年 4月
平成16年
航空機厨房設備用パネル加工開始
2004年 7月
平成16年
夜間無人自動運転2軸NC旋盤機導入
2005年 4月
平成17年
夜間無人自動運転NCベンダー機導入
2011年 1月
平成23年
自動アルゴン溶接機導入
2011年 9月
平成23年
パイプ切断ライン集約化
2013年10月
平成25年
ロボット複合ロー付け機導入
2015年 3月
平成27年
非接触型3次元測定器導入
2015年 7月
平成27年
全自動パイプ切断・面取機導入
2021年12月
令和3年
外観検査用 画像測定器(自社製)導入
34995200000